肌の潤いを取り戻す!あなたのお肌に足りていないものとは?

あなたの肌の潤いは足りていますか??

肌の質は個人差がありそれぞれのタイプのあったスキンケアをされていると思いますが、
意外と知らない自分の肌のタイプについて、もう一度考えてみましょう。

 

健康な肌には充分な潤いがないといけません。
この肌に潤いによって自分の肌のタイプがどれなのか知ることが出来ます。

 

皮膚の表面は角質層とよばれ、そこに充分な水分が保たれていないと、肌に潤いがなくなります。

 

健康な潤いのある肌には30%前後の水分があるといわれていますが、
自分の肌を触ってみて、潤いが足りているかどうかわかりますか?

 

コスメショップに行って美容部員の方に肌の診断をしていただいてもいいですが、簡単な方法で調べることも出来ます。

 

顔にセロハンテープをはってゆっくりはがして下さい。
そのはがしたセロハンテープを見て、キメがないようだと肌には潤いがなく、乾燥していることになります。

 

肌がオイリータイプだと安心している人もご注意ください。顔は部分ごとに潤いが違うものです。

 

乾燥しやすい頬など、オイリータイプの肌質の人でも乾燥しがちです。
このように肌質をまず知っておくとはスキンケアの基本にもなりますし、
肌の潤いにも注意することができるようになります。

 

そして肌のタイプにってコスメの内容は変わりますし、
効率よく肌に潤いを与えるためには自分の肌質を知っておくことは重要なポイントになります。

 

健康な肌を作る為には、乾燥から肌を守り充分な潤いを与え、保湿をする事が必要です。
肌の潤いは、年齢によっても変わりますし,毎日の生活習慣も影響してきます。

肌が乾燥する仕組みについてご存知ですか?

潤いのない肌は乾燥肌となり、さまざまな悪影響があります。
肌が乾燥するメカニズムについて少しご説明します。肌の表面には皮脂膜というのがあります。

 

この皮脂膜は皮膚からでた汗や、皮脂がまざって出来るものなのですが、
この分泌が正常に行われないと、肌の表面からどんどん水分が蒸発していく為に充分な潤いがなくなってしまいます。

 

皮脂膜がきちんとある状態が潤いのある健康な肌の状態です。

 

この皮脂膜をサポートする為に、スキンケアをしないといけないのですが、
正しいコスメや、正しいやり方でやらないと肌の潤いは保つことが出来ません。

 

体の働きで作られる皮脂ですが、スキンケアをすることにより、その潤いを保つことになります。
そして乾燥する原因としては、必要以上の洗顔など、皮脂を洗い流してしまうことにも問題があります。

 

皮脂膜はこの皮脂の量が丁度いい状態が肌の潤いを正常に保つポイントになりますので、毎日のスキンケアが必要になるわけです。

 

皮脂が多い状態は、肌のてかりとなり、とても嫌ですよね。

 

この過剰な皮脂は毛穴を詰まらせて、ニキビや吹き出物の原因となり、
皮脂のバランスが悪くなるので乾燥することにもつながります。
肌の潤いを丁度良く保つことは思っているより簡単ではないのです。

 

美肌を目指すためには、肌の潤いがとても大切になりますので、
乾燥肌にならないように、肌の仕組みを知っておくとさらにお肌のお手入れもやりやすくなると思います。

化粧水と乳液の違いについて

肌に潤いを保つためには色々な方法がありますが、毎日使う化粧水と乳液ですが、その効果には違いがあります。

 

化粧水は肌に潤いを与える為に必要な水分を補給するもので、乳液はその潤いを保つ効果があります。

 

肌が乾燥しているときに、乳液だけは充分な潤いを肌に与えることは出来ません。
何もしないよりは良いのですが、
この化粧水と乳液の使いわけも肌の潤いを保つためにはとても大切なことになります。

 

化粧水は水分が主な成分として作られているのに対して、乳液には油分が配合されています。
そのため洗顔後に肌に潤いを与えるためには、化粧水で保湿した後、
化粧水でその肌の水分を閉じ込める、バリア効果をすると、潤いが長い時間キープされることが実験によりわかっています。

 

そのため、化粧水と乳液を二つ使うことが、肌の潤いを効率よく保つ方法になります。

 

同じ効果だと思っている人も多いようですが、化粧水と乳液にはこんな用途の違いが有るのです。

 

使う順番は化粧水を先に、その後に仕上げとして肌につけてください。
乳液を使わないと、せっかく肌に与えた潤いはどんどん水分となって蒸発していきます。

 

この蒸発を防ぐ目的で乳液の効果を発揮するのです。

 

肌にあまりつけすぎると、べたつくようで嫌な方もいますが、充分な潤いは皮脂のコントロールにもっとも必要なものですから、
化粧水と乳液を有効に使いわけて、理想的な潤いのある美しい肌をめざしてください。

潤い成分のセラミドとヒアルロン酸について

スキンケア商品に含まれている成分で肌の潤い効果があるとして、セラミドとヒアルロン酸がありますが、この違いを知っておくととても参考になります。

 

コスメを選ぶときにも便利ですし、どんな効果があるのか自分にあったスキンケアをするにはその成分もとても大切になります。

 

肌の潤いを与える成分として有名な、セラミドですがこれは肌の表面にある角質層にある成分です。

 

角質層が層になって重なっている隙間を埋めている働きがあるセラミドは、肌から潤いの元となる水分の蒸発を防ぎます。
そのためセラミドが少ないと肌は乾燥してしまうのです。

 

肌の潤いが少なくて困っている人にはこのセラミド配合のスキンケアがとても効果的ですね。

 

そしてヒアルロン酸ですが、これも肌の潤いを保つ作用があるのですが、ヒアルロン酸は年齢とともに減少していきます。
エイジングケアによく使われる成分ですが、肌は20歳を過ぎたあたりからどんどん衰えていきます。

 

肌の潤いが年齢とともになくなっていくのはそのためです。

 

潤いがないと肌のハリがなくなりしわやの原因にもなってしまいます。

 

どんどん減少していくヒアルロン酸は、スキンケアには必要な成分ですから、
その配合量も多いほうが肌の潤いにもさらによい効果が得られます。

 

赤ちゃんのふっくらした肌には成人の20倍ほどのヒアルロン酸の量があります。
足りないヒアルロン酸を補給することで肌の潤いを与えて、保湿効果も改善できるのです。

 

スキンケアの成分により、効果は変わりますから、自分の肌に必要な成分のコスメを選ぶことがいいですね。

ディセンシアのアヤナスの効果

乾燥肌や敏感肌でお悩みの人に大人気のコスメ、ディセンシアのアヤナスは、
エイジングケアにも効果があるとメディアでも多く取り上げられている注目のコスメです。

 

ポーラオルビスの子会社で作られていることも、安心した品質であることがわかります。
このアヤナスは多くの研究費を費やして開発された、
オリジナル成分のCVアルギネートが、コラーゲン再生の効果があり、肌の潤いやハリの効果的に改善をしてくれます。

 

この成分は他のものと比べて肌のハリが70%もアップする結果が出ています。
エイジングケアにはまず保湿効果が必要になりますので、
ハリを出すにもこのような効果的な成分が入っているコスメがオススメでス。

 

そして敏感肌は多くのトラブルの原因になります。
角質層のバリヤ機能と保護機能を最大に発揮できるように、
質の良い美容成分が豊富に配合されています。

 

敏感肌や、そして加齢ともに起きる肌の乾燥、潤いが保たれていない肌は、特に乾燥した時期には多くの悪影響を及ぼします。

 

肌のハリを出すための充分な潤いはこのアヤナスで実感してみてください。

 

成分にはリラックスしてホルモンバランスも整える効果のあるゼラニウムの香りが入っています。

 

これは美肌効果にもつながる大切な成分です。

 

アヤナスはこのような効果的な成分が沢山入っている為に、お値段も少々高めになっています。

 

興味がある方は、ディセンシアのアヤナスのお試しセットもありますで、
お値段も安く試せることが出来ますので、まずは自分で体験してください。

 

利用者の多くの方からとても効果的だったと評判がよいコスメです。
毎日使い続けることにより、肌の潤い効果も持続するようになります。